• お問い合わせ
  • サイトマップ
  •   >  
  •   >  
  • 最近のリスク区分の見直し (平成27年5月以後に適用されたもの)
最近のリスク区分の見直し (平成27年5月以後に適用されたもの)

最近のリスク区分の見直し (平成27年5月以後に適用されたもの)16.12.02

①変更があった医薬品 (平成27年度統一薬事講習会で研修済み)

告示名
(别名)
製品名 藥效名 成分の概要 変更内容 変更適用
メキタジン ニポラジンAG鼻炎錠(アルフレッサファーマ)、ストナリニ・カット、ストナリニ・ガード(佐藤製薬) 鼻炎用内服 抗ヒスタミン成分 第一類 → 第二類 平成27年9月26日
エピナスチン塩酸塩 アレジオン10、エスタック鼻炎24 、エスタック鼻炎錠24(エスエス製) 鼻炎用内服 抗ヒスタミン成分 第一類 → 第二類 平成27年10月25日
イブプロフェン・ブチルスコポラミン臭化物 エルペインコーワ、リフィットコーワ(興和) 生理痛専用薬 非ステロイド 性抗炎症成分
鎮痛鎮痙成分
第一類 → 指定第二類 平成27年12月7日
ペミロラストカリウム ストナリニPガード、サトウリニPガード(佐藤製薬)、ペミラストンAG 鼻炎錠(アルフルッサファーマ)、アレギサール鼻炎、アレギサールOTC、ア レスケープ(田辺三菱製薬) 鼻炎用内服 抗アレルギー成分 第一類 → 第二類 平成28年1月11日
薬食安発0925第1号 (平成27年9月25日)「一般用医薬品の区分リストについて」の一部改正について

陳列場所は直ちに変更しなければいけませんが、表示の変更には1年の猶予があります。ただ し店舗等において勝手に表示を変えてはいけません。医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器 は、「包装、表示及び保管」もその製造工程のうちに含まれ製造業許可が必要であり、加えて製 造販売業者がその管理責任を担うため、必ず製造販売業者の責任の下でシール等を貼付しましょ う。(外から見える表示を変更すればよい)

②告示名の変更

第二類医薬品: オキシコナゾール。ただし、腔カンジダ治療薬を除く。(平成27年9月12日)

③平成28年度中に変更になる見込みのもの《更新》

平成28年度第3回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会 (5月26日) の安全対策調査会 において以下のとおり案がまとまり、パブリックコメント募集が行われた。9月下旬告示予定。

告示名
(别名)
製品名 藥效名 成分の概要 変更内容 変更適用
セチリジン塩酸塩 コンタック鼻炎Z、コンタック鼻炎24 (グラクソ・スミスクライン)、ストナ リニZ (佐藤製薬) 鼻炎用内服薬 抗ヒスタミン成分 第一類 → 第二類 平成29年2月1日
アシタザノラスト水和物 アイフリーコーワAL、アルギアイコーワ(興和) アレルギー用点眼薬 抗アレルギー成分 第一類 → 第二類 平成28年11月1日
フェキソフェナジ ン塩酸塩 アレグラFX(サノフィ) 鼻炎用内服薬 抗ヒスタミン成分 第一類 → 第二類 平成28年11月1日
イブプロフェン ナロンメディカル、ナロンホワイト(大正製薬)、リングルアイビー錠α200(佐藤製薬) 解熱鎮痛薬 非ステロイド性抗炎症成分 第一類 → 指定第二類 平成28年10月19日
(パブリックコメント募集案件:厚生・薬事495160084 6月3日〜7月2日)
  • 京薬協へのご入会
  • 薬草に親しむ会/薬膳インストラクター養成講座
アクセス

公益社団法人
京都府医薬品登録販売者協会

〒604-8483
京都市中京区西ノ京南上合町64
TEL:075-841-6760/FAX:075-811-1821

ページTOPへ